最受日本人歡迎的國產電視劇

文章來源:大眾影評網

1、《神雕俠侶》

日本網友:

DVD3を見ました。『英雄大宴』めちゃくちゃ面白えー!

筆で戦う流派って「笑傲江湖」にも出ていたよね

あとモンゴルの王子さま、好きだなあw

看了DVD第三卷,《英雄大宴》(《神雕俠侶》章節)好看得一塌糊塗啊!

用筆來戰鬥的流派在《笑傲江湖》中也出現過呢!

喜歡那個蒙古的王子。

2、《鹿鼎記》


日本網友:

あちらはスケールが大きそう

那邊(中國)製作電視劇的規模都很大

3、《笑傲江湖


日本網友:

武俠のどのへんを面白いと感じているかによって評価が、両極端に分かれるね。

思うに、ドラマで、笑傲江湖を特に好きな人ってのは、大體この神雕俠侶のドラマは受けつけない場合が多いと思うよ。

俺は、天龍>神雕>射雕>笑傲の順だけど。

關於覺得武俠在什麼方面好看的評價,都是兩個極端。

我想,特別喜歡《笑傲江湖》的人,多半不能接受《神雕俠侶》的電視劇。

對我是“天龍>神雕>射雕>笑傲”的順序。

4、《七劍下天山》


日本網友:

セブンソードのテレビシリーズ見たけど、フィルム撮りか、フィルム撮りっぽく加工してあって、 映像の質感に味わいがあった。

風景は素晴らしいの一語に盡きるね。

NHKのシルクロードの特集見ているみたいで

看了《七劍下天山》的電視係列,好像用拍攝電影的手法加工過,影像的質感很有味道,風景的絕佳難以言表。

就好像在看NHK的《絲綢之路》的特輯似的。

5、《還珠格格》


日本網友:

中國の長所は、壯大な風景の中でロケでき、エキストラの大量動員が可能なこと、

中國的長處:可以在壯大的風景中取景,能夠大量動員群眾演員;

6、《甄嬛傳》


日本網友:

そもそも日本の時代劇は年配向けが多い。逆に中國では武俠ものは若者に受けがいい。

武俠ドラマを見た人ならその違いわかるよな?

本來日本的古裝劇就是面向老年人觀眾的多,相反中國的武俠劇則是年輕人能夠接受。

看了武俠電視劇的人就明白這種差異了吧?

7、《步步驚心》


日本網友:

正直、日本の時代劇は終わってる。スケール、映像レベル、俳優、全てで負けてる。

だいたい、製作數自體悲しいぐらい減ってるしね。

老實說,日本的古裝劇已經完了:規模,影像水準,演員,全都輸了……

大體上,製作的數字本身就少的可憐。

8、《蘭陵王》


日本網友:

つか、中國は時代劇をたくさん作っているのが羨ましい。

製作されるドラマの半分以上が、古裝片?武俠片といった時代劇。

それに比べて日本は…

羨慕中國能製作出那麼多的曆史劇。

製作出電視劇的一半以上是古裝片、武俠片等曆史劇。

和中國相比日本就……

日本網友:

一口に中國の時代劇と言っても、いろんなジャンルがあって、面白いよね。

一句話,中國的古裝劇,有許多類型,好看。

內容來自網絡

哈哈